【実践記録】P大工の源さん 超韋駄天 LIGHT【初打ち】

実践日記(2021年4月9日)

 

 

どうも、黒猫Pです(=゚ω゚)ノ

お久しぶりでございます。

 

 

どうも最近負けが続いていたので更新が億劫になっていました。

というか、パチ屋に行くことすらも若干避けていました。

 

そんな状況で出てきた期待の新台、

「P大工の源さん 超韋駄天 LIGHT」

 

行っちゃダメだ、行っちゃダメだ、行っちゃダメだ・・・

そう心の中で念じながらも、

気が付けばいつものパチ屋の中に。

 

まあ覗くだけ、覗くだけだから・・・と、

ライト源さんコーナーの方へ行ってみることに。

 

まあ新台初日だし、どうせ満席だろうと思っていたところ・・・

 

 

案の定満席。

 

 

満席なら仕方ない。

空いてないもんは座れない。

 

座れないだろうとは思っていましたが、

内心ちょっとほっとしていました。

 

 

 

が、空く。

角台離席。

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

いやいや、今日はうちに来たんじゃない。

確かに財布には3万円ほどあるが・・・

 

 

でもよく考えろ、これは神が座れと言っているのでは?

こういう感は大切なのではないだろうか?

 

 

・・・・・・

 

 

 

いくしかねえ・・・

 

ということで実践開始。

 

P大工の源さん 超韋駄天 LIGHT

4円

 

まずはスペック紹介。

まあ今更詳細の説明はいらないかと思いますので、

ミドルとの大きな差分だけ説明しますかね。

 

【へそ確変割合】

ミドル:60.2%(6R 660個)

ライト:50.1%(3R 240個)※0.2%は9R 720個

 

【電チューMAXラウンド】

ミドル:20%(9R 990個)

ライト:10%(9R 720個)

 

継続率も多少差があり、

ミドル93%、ライト92%となっています。

 

 

まあ、こんなもんですかね。

初回の50%が引けるかどうかがネックですが、

そこは初当たりの早さでカバーという感じですかねえ。

 

 

というわけで実践開始。

 

まずは10500円投資

 

まさかの7昇格。

 

うーん、やっぱり240個は少なく感じる・・・

まあ仕方ないけども。

 

というわけでRUSH開始。

 

あ・・・

 

 

回避!!!

 

 

と、思いきや、

 

うーん、いまいち・・・

スピード感もどうも感じにくい。

 

次。

 

 

持ち球でなんとか突破。

 

 

・・・

 

 

 

持ち球+追加1000円(総投資11500円)

 

 

お?(´゚д゚`)

 

その後持ち球にて・・・

 

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

愉悦!!! 

愉悦!!!!!

 

 

この後単発を食らってこの日は終了

 

結果

投資:11500円
回収:65000円
収支:+53500円

 

 


いやあ!! 勝った!!

久々に大勝だ!!!

 

 

というわけで、ライト源の実践終了。

いやあ、ほんとすごい台だ。

ぶっちゃけ最初は微妙だと思ったけど、

出るとすごいわ!

ライトのスピードとは思えない!

 

まあとはいえ、やっぱりスピード感を感じるには、

3回転目まででどれだけ引けるか、

10%の9Rをどれだけ引けるか、

というのにかかってる気がしますね。

まあ、当たり前と言えば当たり前ですが。

 

 

さて、とりあえずこの日は実践終了したものの、

別の日にライト源再戦。

 

結果、

4/9:-30000(2回単発)

4/10:+2900円(8500円で以下の結果で即帰宅)

 

なんというか・・・

出るのも終わるのも早いから好きだわw

 

 

最近ちょっと思ってたんだよね。

昼からきていつの間にかもう夕方、もしくは夜。

こんなずっとパチ屋にいてもいいのだろうか?

こんな時間の使い方いいのだろうか?

 

パチ屋に来てる時点でそんなこと言う方がおかしいけど、

やっぱり思ってしまう自分がいる。

 

 

そんな時に出てきたこのライト源・・・・・・素晴らしい!(^o^)

まあ、勝てるかどうかは別ですけどねw

 

 

というわけでライト源の実践報告は以上になります!

また新台を打ったら書こうかと思いましたが、

しばらくこの台打とうかなあと思います。

 

それでは、また次回。

ブログ村参加中 面白かったらぽちっとお願いします!
にほんブログ村 パチンコブログへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事