【戦国乙女6/アクエリオン/エヴァ真紅】たまには遊タイムをがっつり狙う【実践記録】

実践日記(2020年10月28日)

 

 

ども、黒猫Pです。

 

久々に・・・というか、初めてになるかもしれませんが、

遊タイムを徹底的に狙ってみる稼働を今週の水曜日にしてきました。

 

確か10時頃に店には行ったと思います。

昼、夕方では特に良い台がないことが多かったので、

朝一の宵越し狙いが目的です。

 

まあ、店側がリセットしてるかもしれないので、

確実とは言えないのが難点ですが・・・

 

 

まあというわけで早速、

1台目、戦国乙女6

4パチ

 

宵越しといいつつ、普通の天井狙い。

といっても、天井までにまだ507回転もあるけど・・・

 

まあ、乙女打ちたかったからセーフということで、まずは・・・

 

この後金の旗も出た気がしますが、一瞬で取れませんでした。

セリフは赤に変化し、結果は・・・

 

この役物すこ(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

 

 

というわけで当たり。

投資は6000円

 

天井関係なく早めに当たったわ(´・ω・`)

 

まあ・・・

 

 

 

オウガイ無双で全員ぶっ殺されたんですけどね

 

この展開はやっぱりきついわ・・・

下手に他の台で最初の50%取れなかった時より

心に来るものがある気がする。

 

 

というわけで移動。

 

2台目、エヴァ真紅

 

前日457回転なので、天井まで残り500回転。

またもや中途半端な・・・

 

まあ仕方ない、いいところこんなもんだろ。

 

とりあえずこいつで勝負開始。

逃げたくて仕方がないシンジ君からの、

 

レイ背景

 

からの

 

 

 

当たり。

6500円(計12500円)

 

当たった回転数は撮り忘れた(・へ・)

でも投資額から計算してもいいところ130回転ぐらいだろうから、

580回転目ぐらいでの当たりかな?

またもやお早い当たり。

これはこれでありがたい。

 

 

まあ、

 

 

 

通常で駆け抜けだったんですけどね。

 

移動

3台目、アクエリオン 甘

 

 

なんと残り137回転という好条件!

 

 

 

持ち球+1500円(計13500円)で当たり

またもやお早い当たり。

 

でも残り100回転切ってたから遊タイムに入って欲しかった気もする・・・

 

まあ・・・

 

 

 

 

 

自力て突破してしまえばいいんですけどね!!!

 

 

 

 

続かなければ意味ないけどね!!!

 

移動・・・

 

4台目、エヴァ真紅

また良さげな台があったので、真紅コーナーに戻ってきました。

 

 

前日324回転+本日178回転。

遊タイムまで残り450回転。

そろそろ大勝決めさせてもらうぜ・・・

 

 

 

打ち始めてすぐに精神汚染君出現。

まあ、なんてこない。

 

 

 

難なく外れる。

次。

 

 


 

本当でした。

ありがとうございます。

レイさん・・・

 

 

今回は無事昇格。

投資は持ち球2000発+7500円(計21000円)

また回転数は撮り忘れ。

投資からみて約300回転ぐらいかな。

 

ん、でもおかしいな。

それなら遊タイムまで残り300回転の表示が・・・・・・

 

 

 

まあ、いいか


じゃ!! 気を取り直して、ここから伸ばしていきますか!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駆け抜けたと思った?

 

 

 

 

 

悪いけど絶好調なのだよ!!


STが単調過ぎて結果画面しか撮るところねえ!!!

 

 

 

 

 

 

はい、というわけでですね。

 

こんな感じになりました!

 

実践終了!!

 

&&

 

帰宅!!

 

結果

投資:21000円
回収:79600円
収支:+58600円

 

 

もう笑うしかねえ!!!

いい意味で!!

 

 

 

はい、というわけで快勝で終わりました。

 

今回遊タイム狙いで打ってきたわけですが、

結局早い当たりを引けたおかげで、

遊タイムに一度も入らないまま勝ってしまいました。

 

これは、遊タイム狙いをしたから勝ったと言っていいものなのだろうか?

そもそも、遊タイムの期待値って早めに当たった場合も含んだものなのかな?

う~ん、ようわからん。

まあ、

 

 

勝ったからよし!

 

 

では、今回はこの辺で、

また次回!

ブログ村参加中 面白かったらぽちっとお願いします!
にほんブログ村 パチンコブログへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事