【実践記録】クソ台マスターの初打ち【直感勝負】

こんばんは、黒猫Pです。

 

明けましておめでとうございます。

 

・・・どうも今年は正月が特別な感じがしないんですよねえ。

まあ、理由はなんとなくわかっています。

だってずっと休みなんだもん。

去年ずっと。

そりゃありがたみも消えますよ。

 

やっぱり休みすぎも良くないのかなあと、

そう感じた今日この頃。

 

はい。前置きはさておき、本日の稼働です。

 

今年は今日が初打ち。

今日はなんだかスロットが打ちたくなって10円スロットのある店へ

行ってきました。

年末年始なんか設定が入っているわけがないので、

正直負ける覚悟で出かけました。

 

さて、その結果どうなったのか見ていきましょう。

 

1台目、「マドマギ 叛逆」

開店から1時間以上経っていましたが朝一台でした。

最初の初当たりは1500円

(最初の初当たりという言い回しは何か違和感があるけど)

残念ながらこれはARTに入らず。

 

2度目の当たりは4000円

これはARTに入って380枚で終了

 

3度目はぎり持ち球内で当たり。

これも何とかARTへ。そして・・・

自身初のクルミ割り!!

どうやら穢れが解放された模様。

 

が、最低保証の3Gで60枚乗せで終了。

 

どうもぱっとしない。

ちなみにこの終了画面は設定2以上示唆のようです。

まあ間違いなく2でしょうね。

そう思いつつも打ち続け、次の当たりは8000円

 

これもなんとかARTに入って250枚程になったところで止め。

 

2台目、「マジハロ6」

100枚程だけ打ってやめ。

 

3台目、「マジハロ5」

どんだけマジハロ好きなんだ。

でも50枚程使って止め。

 

4台目、「マドマギ2」

どんだけマドマギ好きなんだよ。

完全に趣味打ち。

ここも50枚程使って止め。

 

5台目、「マジハロ6」

どんだけマジハロ(略

ここで落ちメダルが尽きる。

 

どうするか悩んだ末1パチへ。

 

6台目、「クイーンズブレイド2 1/319」

0円止め。

 

 

と思った方もいるだろう。

カードを入れて貸し玉を押す瞬間にある台が頭に過りました。

という訳で、貸し玉せずにそのままカードを抜く。

 

 

7台目、「マジハロ6」

・・・


完全に頭のおかしな行動だと心得ています。

でも仕方ないじゃない。

 

打ちたくなっちゃったんだから!!

 

というわけで、この台で今日は骨を埋めることが決定しました。

 

投資1000円(計9000円)

レア役1G発展。

可愛いんだけど、なんかフロストの顔おかしくね?

 

はい終わった。

せめて異色ボーナスぐらいじゃないと後がもたない・・・

 

と、思いきや。

 

首の皮一枚繋がる。

 

だが、所詮皮一枚で繋がった命。

純増1枚は伊達じゃない。

合わせて100枚も出なかった気がする。

 

当然すぐに飲まれる。

そして次の当たり・・・投資6000円(計14000円)

この台でこれ以上は流石に厳しい。

有利区間完走しても下手したら届かないレベル。

 

だが、ここで奇跡が起きる。

最初の鬼BONUS以降、詠唱中に立て続けに2度のBONUS!!

さらに・・・

またミッション成功!

なんとか下皿いっぱいくらいの持ち球を確保。

 

その後も打ち続け、ちょくちょく当たるものの中々増えない。

初めてこのステージに行った。

調べてみると、「高確ポイント30pt以上/高確B/ART前兆」らしい。

そして、

まじあつとな?

字的に激熱の方が上に感じるがきっとこれが最上級。

そして当然のごとく当たり、BONUSは赤7

 

ん?

歌いつもと違くね?

・・・まあいいか。

どうせ良くてART確定ぐらいだろう。

 

!!!??????

 

まさかの金箱出現に尻が浮いた。

まじで。

そしてここから全ての歯車がハマりだす。

倍玉、化玉がある状態でREG。

ここでさらに状況を好転させる。

 

 

何が起こってるのか私もよく理解できない。

とりあえず倍玉があるからここに出てる箱が2倍になっているわけだ。

つまり、銅箱4箱、銀箱4箱獲得したことになる。

もっと具体的に言えば、ストック16個以上。

そう、これが私がマジハロ6の好きな理由だ。

一気にアホみたいにストックが乗るこの瞬間がたまらねえんだ(*´Д`)

 

その後、さらに駄目押しの激やばな状況に。

いまいち状況が分かりずらいと思うが、

鬼カボ中にボーナスを引いて鬼カボが終了したため継玉がもらえ、

しかもその後、どこま神社高確の秋ステージに強制移行+倍玉、化玉も取得。

継玉は上記の状態を引き継いだまま66%ループする。

 

さっきからつまりつまりしつこいが、つまり、

中々好条件の状況をループするのである!

 

ああーーーーーーーーーーーーもう、とまらねえええええええええええ!!

 

!?

 

あ・ああ・・・あああああああ・・・・・・

 

夢の時間を終わらせないで・・・・・お願い・・・・

 

と、そんなことを願っては見たものの当然無駄である。

 

だって・・・6号機ですもん。

 

無常なり。

 

結果

投資:14000円
回収:20500円
収支:+6500円

 

 

結果的に2000枚出たものの、ストックを20個以上残して終わるのは

虚無感というか、屈辱感というか、悔しいというか、

なんとも形容しがたい気持ちになる。

 

この辺もうちょっとどうにかならんもんかね?

大体さ、有利区間ってATの準備中でメダルが減ってる状態でもカウントされるのよね?

どんだけ無駄に1500Gを使ってしまうのよって話じゃない?

(間違ってたらすみません)

 

まあ、だからこそ今流行りの高純増があるのかもしれないけどさ。

もうちょっとまったり長く打ちたい時もあるじゃないのよさ。

 

・・・と、今更こんな事愚痴ったところでどうしようもないのですけどね。

困ったものですね。

 

まあとりあえず今回はこの辺で報告は以上になります。

初打ち勝利でよかった!

次回もまた低貸にいく予定です。

 

それではまた次回。

ブログ村参加中 面白かったらぽちっとお願いします!
にほんブログ村 パチンコブログへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事